普段は、あまり赤い色に引き寄せられることがないのですが、この石を見たとき、水晶の中で輝く赤い色に惹かれました。

 
その石の名前は、レッドファイヤークオーツ。
レピドクロサイトインクオーツとしても販売されていますが、その水晶にインクルージョンしているレピドクロサイトが燃えさかる炎を連想させることから、レッドファイヤークオーツが流通名としてあるようです。
 
でも、レッドファイヤークオーツって、名前からしても、何か強そうなパワーを与えてくれそうですよね。
その赤い色からも連想できますが、持ち主に自信を与えてくれる石のようです。
活性を高め、自らの力で目標に向かって進む、前向きなエネルギーを与えてくれて、潜在能力を引き出し、可能性を広げてくれる石とされています。

いずれにしても、赤い色を見ているだけで、元気が湧いてくるような気がしますね。

そのレピドクロサイトの入り方も様々で、それぞれに違う表情を見せています。

もちろん、真っ赤にたくさんのレピドクロサイトが入っている方が上質でパワーも強そうだけど、ポツポツ入っているのも何かが浮かんでいるみたいでかわいいし、淡くピンク色がかってるのもキュートな感じでいいです。

ひとつひとつその個性に活かして仕上げてみました。

明日から、開催となりますWire art Jewelry展で、お手にとってご覧いただき、お気に入りの一品をお選びください。