今回引き寄せられるように、出会ってしまったベリィスラーグストーン。

初めて見た石で、これからの夏の装いにぴったりのものが出来そうな気がして購入しました。

こんな感じの、素敵なジュエリーに仕上がりました!!


 
  ちょっとガラス質で、光を通してみるのと、そうでないのでは色合いが随分違って見えて、それも魅力の一つだと思います。

ベリィスラーグストーンが、どんな石かと言うと、今回仕入れさせていただいた「レムリアの太陽」さんの説明には、以下のように記載されていました。


 
  
「ベリィスラーグ石」が正式名ですが、「スウェディッシュ・ブルー」の通称で流通しています。
スウェーデンのベリィスラーゲン地方(Bergslagssten)から名前がついたようで、この辺りは鉄鉱石が採れる地帯で、鉄鉱石から製鉄する作業過程で出た廃棄物を地中に捨て、数百年掛けて出来上がったものらしいです。
人工的な廃棄鉱物と自然な鉱物成分が混ざり合い出来た半人工、半自然の希少な鉱石なので、様々な成分が混ざり合う事が魅力ある源なのかもしれません。
入手は極めて難しい。
スピリチュアル、ヒーリングストーンとして大変優れていて、潜在能力を引き出し、成功へと導く力があるといわれています。
第6チャクラに働きかけるため、直感力が増し、ここ一番の勝負どころや重要な選択の際に役立つと云われています。
 

なるほど!
 
何はともあれ、何とも言えないこのブルーが魅力的!
 
是非、6月1日から開催の個展で、お手にとってご覧いただければと思います。